「悲観的な人はなに思う」について

人は様々な考えや思いを持ち、それぞれ個性があります。

何が良くて何が悪い等のジャッジは本来なくてはいいものです。

身近な家族や仲間からの評価、仕事での評価、

人はまわりからどう思われるかで、自分を判断しがちです。

大きなステージでスポットライトを浴びて輝くような活躍をしている人たちがいます。

ジャンルを問わず、もちろんとても素敵です。

その場に立つことに憧れて、懸命に努力して、

それでも自分が思い描いた舞台に立てない人、たくさんいます。

それはあなたができない人だからではありません。

努力が足りないわけでもありません。

(中にはそうでない場合もあるにしろ)

みんな、持って生まれた立ち位置、自分の生きる場所があると思うのです。

その場所が大勢から注目されて輝くような舞台の人もいれば、

決して目立たなくとも、充実をつかむ人もいて、

自分の立ち位置には自然に立つのが人だと思いませんか。

 

 

あなたの価値を正当にわかってくれる人がいること。

それは他からの評価次第で折れてしまう自分ではなく、

強い自分の軸になるのではないでしょうか。

 

「ひかげに咲く」強く温かい花。

背伸びやムリをしすぎることなく、素の自分でいられる方が本来ではないでしょうか?

 

取り繕った自分を発信するのは簡単ですが、

本当の自分の姿を潜めている人の方が圧倒的に多いのです

自分を全部をさらけ出す必要はない、だけど素の自分を少しだけ出せる場。

本当はそれが必要なのではないでしょうか。

そんな思いで、このサイトをつくってみました。

​ひっそりと賛同して頂ける方がいれば、うれしいです。

サイト運営/Rize-Partner

© 2020 ひかげに咲く